バリフ

バリフ

バリフは、ED治療薬レビトラのジェネリック医薬品です。

バリフの特徴は、レビトラと同じED治療効果を持ちながら、価格が安いところです。

正規レビトラが1錠あたり2000円程度であるのに対し、バリフは1錠500円程度と、1/4程度の値段で購入することができます。

バリフの商品詳細

バリフ(レビトラ・ジェネリック)20mgは、有効成分バルデナフィルを20㎎含むレビトラのジェネリック薬です。
インド最大級の製薬会社アジャンタファーマによる製品で、医薬品の信頼性は高いです。

バリフ(レビトラ・ジェネリック)20mgは勃起を止める酵素を阻害することで陰茎の血流を促進し、勃起力の向上と維持にはたらきます。
水に溶けやすい性質から、服用から効果が実感できるまでの時間が短いことが特徴です。また、長期の服用でも安定した効果が得られます。

バリフ服用にあたっては、少量の食事や飲酒は影響ないとされていますが、最大の効果を得るには空腹時の服用をおすすめします。
食中食後に服用すると、効果発現時間が遅れたり、効果が弱くなってしまう場合があります。

バリフの服用方法

バリフ20mgは、通常の成人の場合、バルデナフィルとして10㎎を性行為の約1時間前に水などで服用してください。
服用時には、ピルカッターなどで割錠しましょう。

バリフの成分は大変身体へ吸収されやすく、空腹時に服用すれば20分くらいで効果があらわれるとされています。そのため服用時に、1時間前を多少過ぎていても効果を感じることができると言えます。

10㎎では効果が不十分なときは、1日20㎎までの増量が認められています。

使用は1日1回までにし、服用間隔は24時間以上あけてください。

65歳以上の高齢者、肝障害がある方は効きすぎることがあるので5㎎からはじめ、最大でも10㎎の服用にしてください。
この際も、服用間隔は24時間以上あけてください。

バリフの副作用・注意事項

バリフの副作用としては、頭痛、めまい、目の充血、顔のほてり、鼻づまりなどが報告されています。
これらの副作用は、バリフ服用者のほとんどにあらわれるため、あまり気にせず、「効果発現の合図」と捉えてもらって構いません。

効果時間の6~8時間を過ぎても副作用が治まらない場合や、どうしても気になる副作用がある場合は、医師の診断を受けてください。

硝酸薬や一酸化窒素供与剤を使用中の方、心血管系の障害がある方は絶対に服用しないでください。飲み薬だけでなく、テープ(貼り薬)、口内スプレー、注射剤も使えません。

バリフ(レビトラ・ジェネリック)20mgの成分にアレルギーがある方、6か月以内に脳血管障害または心筋梗塞を起こした方は服用しないでください。

ページの先頭へ